2018/06/14

魔法少女まどかマギカ、キュウベイの正体とは?

 皆さんは魔法少女まどかまぎかマギカというアニメを見たことがあるだろうか。

 madokamagika.jpg

 2011年ごろにやっていたオリジナルアニメで、芸能界にも多くのファンを持つ人気作品である。

 知らない人のために少しだけ概要を述べておくと、これはタイトルの通り魔法少女がでてくる物語である。セーラームーンとかおじゃ魔女ドレミみたいな。故に登場人物の女の子は魔法少女もののお約束として、髪の色で区別されている。

mahousyouzyo karahuru

 出てくる魔法少女は、上の彼女達。主人公は中心のピンク色の髪の子であり、名前は『鹿目まどか』。まどかの性格はこれまたよくある魔法少女もののように、引っ込み思案。

 あとは主人公まどか達に魔法の力を与えてくれる、『キュゥべえ』という以下のマスコット的なものがでてくる。

kyuubee.png

 このようなマスコットは、おじゃ魔女どれみでいうところのあの緑のやつとか

midorinoyatu.png

 カードキャプターさくらでいうところのケロちゃん

kerotyan.png

 に代表されるように、魔法少女ものではよくでてくる。


 このように、魔法少女まどかマギカは、よくある魔法少女もののお約束を守っている。

 だから見たことない人からすれば、きっとストーリーもよくある魔法少女ものっぽく進むに違いない、と思うかもしれない。

 ……しかし、そうはいかない。

 この魔法少女まどかマギカというアニメは、魔法少女ものの皮をかぶったダークな哲学系アニメなのである。

 繰り返すがダークな作品なので、決してプリキュアを見るような感覚で幼稚園の女の子に見せてはいけない。現に、劇場版まどかマギカが公開されていた時、プリキュアと似たようなものと勘違いして孫娘に見せたら、孫娘が号泣してしまったという、不運な事故も起こっていたらしい。


 では、どの辺が哲学なのか。
 それはこのアニメが現代の世相を良く反映しているところだと思う。

 細かいストーリは言わないが、特に私が面白いなと思ったところは、マスコットキャラクターであるキュゥべえの糞野郎っぷりである。

 なんと魔法の力を与えてくれるキュゥべえが、サイコ野郎といっていいほどの嫌なやつなのである。その嫌われっぷりは凄まじい。日本のファンのみならず、海外ファンからも嫌われまくっている。

 キュゥべえは都合のいいことばかりを並べて少女達を魔法少女に勧誘し、そして魔法少女となった彼女達に残酷な運命を歩ませる。おまけに実は魔法少女になるととんでもないデメリットもあるのだが、それは「聞かれなかったら」と言う理由でキュゥべえは全く事前説明しないのである。


 私は耳触りのよい言葉に騙され、きつく苦しい魔女たちの戦いに身を投じてゆくアニメのキャラ達を見ていると、AKBなどのアイドルのことが思い出されて仕方なかった。

 ようするに大人たちに誘われ、競わされる今のアイドル達。それがキュゥべえにそそのかされ、魔女と戦い苦しむ魔法少女達にだぶって見えたのだ。

 つまり裏を返すと、私はキュゥべえは秋元康なんじゃないかと思ったり……すみません、秋元康さんはそんなに悪い人ではないと思います(笑)。

 ただ秋元康とかに限らず、現代の若い少女たちは夢をちらつかされ、ずるがしこい大人にたびたび利用されたりするもの。
 少女達を利用するそのずるがしこい大人、それこそがキュゥべえなのではないかと私はこのアニメをみて思った。

 お読みいただきありがとうございました。

 himazin764より。



 関連記事

 ロリコンなら見るべし、『レオン(完全版)』

 なろう小説のコミカライズ、そのゲロを吐くほどの面白さを動画で紹介!?

 大谷翔平フィーバーと、けものフレンズ人気、その関連性は!?

コメント

非公開コメント